秋冬ファッション

オシャレに着こなしたい秋冬ニット♪40代・アラフォー女性のコーディネート

更新日:

ニットは秋冬ファッションのマストアイテム。

シンプルに使えるし、オシャレなデザインも豊富に揃っているので活用しやすいですよね。

40代・アラフォー女性のファッションにも欠かせないニットですが、種類が豊富でどんなものを手に入れればいいのかわからなくなる…

コーデ迷子の女性ほど、そんな傾向が見られます。

40代・アラフォー女性がシンプルでおしゃれに着こなせるニットの種類やコーディネートをまとめました。

40代におすすめ♪「色別ニットのコーデ実例集」あなたはどの色?

40代におすすめ♪「色別ニットのコーデ実例集」あなたはどの色?

冬に着るトップスのメインとなるニットは、今の時期に何枚持っていても困ることのないアイテムです。

複数枚のニットをそろえるなら、着たときの印象をイメージして、効果的に見せることができるアイテムを手に入れたいですよね。

実際のコーデでどう見えるかを判断してニットを選べば、冬のおしゃれ計画がスイスイかどりますよ♪

色別のおすすめポイントも合わせてご覧ください。

シンプルな着こなしを華やかに印象づける「レッド・ピンク」

赤やピンクのニットを取り入れると、コーディネートのアクセントになって、着こなし全体がパッと華やいで印象的に仕上がります。

主張が強くて着こなすのが難しそうに感じるかも知れませんが、ダークトーンやくすみがかった色合いは、落ち着きがあって着る人を選ばないので、同じ赤やピンクでも取り入れやすくておすすめです。

ゆったりドルマンをデニムに合わせてこなれた表情に

Pierrot(ピエロ)

Pierrot(ピエロ)

身頃にゆとりを持たせ、袖につながるように仕上げたドルマンデザインのニット。

横に編んだリブでシルエットをきれいに出して、肩の力の抜けた大人の装いを叶えてくれます。

落ち着きのあるダークレッドは合わせやすくておすすめです。

編地の切り替えが表情を作るピンクのニット

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

履きなれたデニムパンツに合わせたい綺麗なピンクの模様編みニット。

わずかにくすみを含んだ色調は、派手になりすぎることなく大人の魅力を高めてくれます。

何種類かの編地にシャギーのミックスが新鮮な表情を作ります。

上品で繊細、大人ならではの美人オーラを放つ「ホワイト」

他のカラーにはないピュアな魅力がいっぱいのホワイトは、冬が訪れるたびにニットを新調したくなるカラーです。

光を反射することで肌を明るくきれいに見せる効果もあり、ここぞというときに実力を発揮してくれるカラーでもあります。

どんな服にも合って着る機会も多くなりそうなので、自分に似合うベストな一枚を手に入れたいですね。

冬の景色に合う美人になれる白のハイネックリブニット

Pierrot(ピエロ)

Pierrot(ピエロ)

一枚でも重ね着してもきれいに着られるハイゲージの白いニット。

陽の光を受けてまろやかに映え、アラフォー世代の持つ美しさを引き出してくれます。

ちょうどいい高さのハイネックは、テクニックなしでバランスよく着こなすことができます。

ふわふわのシャギーで繊細なイメージの女性に

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

女性ならではのやわらかさを表現するシャギーニットに、白の持つ清潔感を添えて印象アップ。

イメージを保ちながら着こなせるライトブルーのチェック柄スカートで、今っぽいスタイルに仕上げています。

ハンサムでいてエレガント、引き締め効果も高い「ブラック」

定番カラーの黒は、シックで大人っぽく見えるところが魅力です。

すでに黒のニットを何枚か持っているという人も多いと思いますが、この冬に新しいものを購入するなら、見頃や袖にゆとりのあるものを選んでゆったり着こなすと素敵です。

女らしく仕上がって細く見える点もポイントです。

白シャツをのぞかせてハンサムに決めたい黒ニット

Pierrot(ピエロ)

Pierrot(ピエロ)

定番の白シャツの上から、オーバーサイズの黒いVネックニットをレイヤードしたスタイル。

色のコントラストによってメリハリが生まれて、パキッとハンサムな表情に仕上がる組み合わせです。

上品なフェミニンスタイルにぴったりのパールボタンつき

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

光を拡散する白とは逆に、光を吸収して引き締めるブラックのニット。

袖に並んだロマンティックなパールボタンは、手首の細さを強調して女らしく見せてくれます。

アラフォーの肌に溶け込んで品格をアップさせる「ベージュ&ブラウン」

肌なじみがよくてフェミニンに仕上がるのが、ベージュやブラウンのニットです。

このカラーのニットを最大限に活かして着るには、素肌にまとってトップスをシンプルにまとめるのが一番です。

無地のボトムスに合わせて上品に、柄の入ったボトムスに合わせてトレンドライクにと、さまざまなスタイルに対応します。

ライトベージュにスリットを効かせてスタイリッシュに

Pierrot(ピエロ)

Pierrot(ピエロ)

ストレスなく着られるボックスデザインのニットは、裾のスリットが縦ラインを強調してすっきり見せる効果も。

そのまま着てもシャープで素敵ですが、ボトムスによってはウエストをタックインしてもおしゃれに決まります。

ブラウンのざっくりニットを素肌にまとって女らしく

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

トレンド真っただ中のレオパード柄スカートに合わせたのは、ゆるさが魅力のローゲージニット。

肌になじませて着るブラウンで女らしさを高めて、柄物アイテムを品よくなじませてくれます。

知性を感じるたたずまいを叶えてくれる「ネイビー」

クリーンで上品なネイビーは、落ち着きのある大人の装いにぴったりのカラーです。

ブラックと同様に着こなしを引き締める効果もあり、着ぶくれが気になりがちな冬コーデに使えます。

くすみがかった流行りのベイクドカラーとも相性がよく、旬の色をたくさん使った着こなしにもおすすめです。

冬色ミックスを知的に演出するネイビーのニット

Pierrot(ピエロ)

Pierrot(ピエロ)

この冬、ネイビーを新鮮に見せるのは、ニュアンスの効いたカラーアイテムの組み合わせです。

複数の色を同時に楽しめるパネルスカートでトレンドライクな装いに。

ローゲージのニット×マフラーでヌケ感冬コーデに

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

ベージュ系のアイテムとも相性のいいネイビー。

ヒップにかかる丈のケーブルニットの下にスモーキーなピンクベージュを合わせて、おしゃれ上級者の休日スタイルに。

ミックス感のあるニットストールで視線を上に集めれば、下半身のラインが目立たずにきれいに着こなせます。

この冬の大人スタイルの参考に「色別ニットのコーデ実例集」を活用して♪

カラーニットの魅力を最大限に活かすなら、色の持つイメージを押さえたうえで、組み合わせるアイテムの色を厳選することが大切です。

たとえば、同じホワイトのニットを着る場合でも、黒いボトムスを合わせるかブルーのボトムスを合わせるかで、その印象は大きく異なります。

自分が実現したいイメージに近いお手本を見つけて、明日からのコーディネートの参考にしてみてくださいね。

冬コーデの中だるみ解決☆鮮度が上がる「デザインニット」を使った大人のコーディネート

冬コーデの中だるみ解決☆鮮度が上がる「デザインニット」を使った大人のコーディネート

冬のアイテムを着なれた1月の終わりから2月にかけては、着こなしがマンネリしがちです。

ショップには春物も並び始めますが、外はまだまだ寒くて着るのをためらってしまいますよね。

そんな今の時期におしゃれを楽しむなら、新鮮なデザインを取り入れたニットにフォーカスしてみるのがおすすめです。

シンプルなアイテムが流行っている最中だからこそ、斬新なデザインニットは着る人にワクワクをもたらせて気分を明るくしてくれます。

こちらの記事では、どれも素敵で着てみたくなる40代向けのデザインニットをお届けします♡

注目デザイン1《サイドアレンジ》コートを脱いだ時の意外性と着やせ効果に注目♪

今シーズンのニットの中で目を惹くのが、サイドに新鮮なディテールを施したデザインです。

フロントから見るとベーシックな形なので、アウターを脱いだ時にギャップを楽しめるところがポイントです。

体の側線に添ったデザインによって、縦の線を強調してスッキリ仕上がる点も見逃せません。

正面からじゃ甘すぎるから、サイドから大人流に可愛く♡

REAL CUBE(リアルキューブ)

REAL CUBE(リアルキューブ)

大人が可愛くなりたい時に、さり気なくイメチェンできるサイドレースアップのニット。

下ろしたリボンがダークカラーのスカートの上で動いて、着こなしに表情が生まれます。

シャープなカッティングでメリハリのある着こなしに☆

REAL CUBE(リアルキューブ)

REAL CUBE(リアルキューブ)

シンプルなリブニットの延長で、少しだけモードに味つけしたいときに。

スリット風のイレギュラーヘムがスタイリッシュです。

今っぽいレイヤードが叶うサイドベルトのチュニックニット♪

REAL CUBE(リアルキューブ)

REAL CUBE(リアルキューブ)

秋ごろから注目されているのが、深いスリットの入ったチュニック丈のニットを使った重ね着です。

ベルトデザインなら、アクセントを効かせながら開き具合を調整することができます。

ブーツの太ヒールとのバランスがよく、モードなフレンチシックに仕上がります。

注目デザイン2《ファースリーブ》高見えアクセントとして大人コーデの格上に☆

ここ数年ですっかり冬のトレンドとして定着したファー使いのニット。

冬ならではの素材が暖かそうに見せてくれて、上品でリッチな季節のファッションが簡単に完成するアイテムです。

手持ちのボトムスやコートに合う一枚を持っていると、新年会や歓送迎会といったイベントにも重宝します。

手首周りのファーで仕草までもがエレガントに♡

REAL CUBE(リアルキューブ)

REAL CUBE(リアルキューブ)

暖かなファーが手首の周りについたニットは、大人の手元をきれいに見せてくれます。

清潔感のあるサックスブルーがきれいめコーデにぴったり。

2種類のファーとスパンコールでバングルいらずの華やかさ☆

REAL CUBE(リアルキューブ)

REAL CUBE(リアルキューブ)

ファーのゴージャスさを際立たせて着るなら、タイプの違う2種類のファーとスパンコールの組み合わせで華やかに。

冬素材のボリューム感とキラキラ加減が着映えして、オケージョンスタイルを盛り上げてくれます。

レオパード柄などのトレンド柄を合わせれば、冬の最旬コーディネートが完成します。

高め位置のファーで重心を上げてバランスアップ♪

nostalgia(ノスタルジア)

nostalgia(ノスタルジア)

重心が下がるワイドパンツには、二の腕にファーがついたニットで視線を上げる工夫をプラス。

小柄な方にもおすすめのコーディネートです。

注目デザイン3《フリンジ》重くなりがちな冬コーデに軽やかさをプラス♪

フリルと同様に動きとボリューム感のある今どきのスタイルが楽しめるフリンジ。

甘くないデザインなのでアラフォー世代でも取り入れやすく、トレンドのヴィンテージコーデとも相性のいいデザインです。

淡色デニムに合わせて春先取り。ピンクのフリンジニット♡

nostalgia(ノスタルジア)

nostalgia(ノスタルジア)

甘くなりがちなペールピンクも、フリンジデザインなら大人っぽく着こなせます。

ウォッシュタイプのデニムパンツを合わせて、春を感じるカジュアルコーデに。

白いバッグとメタルバングルを添えて明るく仕上げています。

フリンジ×レースアップ、とことんデザインを楽しむニット♪

nostalgia(ノスタルジア)

nostalgia(ノスタルジア)

フロントの両サイドに添えた長めのフリンジに、レースアップをプラスしてデザイン性を高めた一枚。

今っぽさ全開でも白なので合わせやすく、きれいなグリーンのスカートとお互いの魅力を引き出しあっています。

パンチングのクラッチバッグで辛口の要素を加えて、絶妙なバランスにカスタマイズ。

注目デザイン4《カシュクール》アレンジいらずでこなれ見え&フェミニン♡

身頃をフロントで重ね合わせたカシュクールニットは、40代のボディに程よくフィットして女らしさを際立たせてくれます。

自然なドレープがデコルテにボリューム感を与えてくれるので、上半身をふっくら見せたいという人にも最適です。

リボンつきのタイプならウエストマークができて、同時に脚を長くスラッとして見せることもできます。

きれいなブルーをヴィンテージコーデの差し色に☆

nostalgia(ノスタルジア)

nostalgia(ノスタルジア)

ゆったりとした着こなしに、カシュクールからの結び目がアクセントとして効いたコーディネートです。

レトロなキャメルとくすんだ青の配色が新鮮で、ニュアンスのある女らしいパンツスタイルに仕上がっています。

40代の体をきれいに見せるゆったりカシュクールニット♡

nostalgia(ノスタルジア)

nostalgia(ノスタルジア)

カバー&引き締め効果が得られるカシュクールニットに、ラインを拾わず縦長に見えるプリーツスカートと、上下ともに体型カバー力が高いアイテムの組み合わせです。

着ぶくれしがちなベージュとエクリュホワイトも、デザインの工夫ですっきりとまとめることができます。

いつものコーデがスペシャルに変わる「デザインニット」。マイベストを探して♡

一年で一番気温が低くなるこの時期は、やっぱりニットがメインのコーディネートに行きつきます。

シンプルなアイテムを十分に着回したあとは、デザイン性を取り入れて冬のおしゃれを楽しみましょう。

デザインニットのいいところは、一枚で着映えしてコーディネートが華やかに決まることです。

いつも着ているパンツやスカートに合わせても、個性の感じられるとっておきの着こなしに仕上がります。

その素敵なコーディネートでどんな場所に出かけたいですか?

イメージした時にしっくりくるニットを手に入れれば、あなただけの雰囲気のある着こなしが完成しますよ。

首元あったか♡「ハイネック&タートルネックニット」40代向け5種類の魅せ方をマスター♪

首元あったか♡「ハイネック&タートルネックニット」40代向け5種類の魅せ方をマスター♪

これからの季節に出番が増えるトップスと言えば、襟元をおおうハイネックやタートルネックのニットですよね。

この記事では、今すぐ試したくなるハイネック&タートルネックニットのおしゃれな着こなしをご紹介します。

リッチな素材からアラフォーに似合う色選び、そしてセンスが良く見える組み合わせなど、5種類10タイプの装い方をピックアップしました。

「カシミヤ」のハイネック&タートルネックでリッチな大人スタイルに

上品な艶となめらかな手触りが魅力のカシミヤニットは、アラフォーのコーディネートを格上して、大人にふさわしい冬スタイルを堪能できるアイテムです。

デリケートな首元を優しく包み込むので、冬になると首周りがかゆくなりがちな方にもおすすめです。

ハイネックやタートルネックのカシミヤニットなら、ストールなどの小物を使わなくても襟元まで温もりをキープして暖かです。

ラグジュアリーなカシミヤをサイドジップで軽快に味つけ

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

ゴールドのサイドジップがアクセサリーのように輝くタートルネックニット。

ジッパーを少し開いて、中に着たブルーのシャツをちらりと見せるこなれた着こなしに。

発色のいいイエローで上質素材の魅力をアピール

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

ハイクオリティなカシミヤだから叶う鮮やかな発色で、冬の一日をスペシャルに。

きれいなイエローをそのまま表現できる白いパンツを組み合わせています。

冬の「ブルー」で楽しむハイネック&タートルネックの印象スタイル

ライトブルーやアイスブルーと呼ばれる明るいブルーは、重くなりがちな冬のコーディネートに透明感をプラスして、フレッシュに見せることができるカラーです。

顔の近くまで届くハイネックやタートルなら、色の持つ魅力を最大限に取り入れた着こなしが叶います。

寒さでくすみがちな大人の肌をクリアに見せてくれる効果も期待できますよ。

表情のあるミックス糸のハイネックニットでこなれ見え

titivate(ティティベイト)

titivate(ティティベイト)

一枚で個性的に装えるミックスニットにファーバッグを合わせて、軽めのヴィンテージスタイルに挑戦。

ライトブルーのケーブル編みハイネックでクリーンな装いに

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

クリアな発色が魅力のケーブルニットは、生地の厚みやサイズ感がちょうどよく、通勤から普段着までマルチに活躍してくれそうな予感です。

「白ニット」は好みのテイストで自分らしくスタイリング

多くの人が持っている白のハイネック&タートルネックニットは、まっさらのパレットに見立てて、小物を使った自分好みのスタイルを楽しめるアイテムです。

今年らしく仕上げるコツは、複数の小物でスタイルの枠をきちっと固めるのではなく、スカーフやスニーカーなどを一点で軽く味つけしたり、テイストの違う小物でミックス感のある着こなしに仕上げることです。

コーデ全体のバランスを見ながら仕上げていくのがおすすめです。

スカーフを巻いてきれいめのヴィンテージミックス

titivate(ティティベイト)

titivate(ティティベイト)

結び目をややサイドよりに作り、コンパクトに巻いたヘッドバンド代わりのスカーフ。

まとめ髪でレトロに見せれば、白のタートルネックニットが流行りのヴィンテージスタイルに変身します。

足元にスニーカーを添えればスポーティカジュアルに

titivate(ティティベイト)

titivate(ティティベイト)

白のハイネックにデニムスカートを合わせたら、足元は今年らしいスニーカーをチョイスしてみて。

シンプルなニット素材のスニーカーなら、冬らしくてきれいめに決まります。

おしゃれ上級者に見える洗練された「ワンカラースタイル」

すべてのアイテムを一つの色でまとめたワンカラースタイル。

トップスとボトムスがつながって見えることで縦ラインを強調し、スタイリッシュなIラインに仕上げることができるこのスタイル、襟の高いデザインのニットを使えばその効果も倍増します。

自分に似合う色でワンカラースタイルを作り、冬のファッションをブラッシュアップしてみませんか?

通勤にもぴったり、上品なグレーのグラデーション

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

ゆるめの立ち襟で着心地のいいオフネックタイプのニットは、パンツと同じグレーにして、スタイリッシュなワンカラーコーデに。

ニットのリブ編みや袖口のデザインによって着やせも両立する一枚です。

冬の旅行に着て行きたいリラクシングなニットセットアップ

titivate(ティティベイト)

titivate(ティティベイト)

上はケーブル編み、下はプレーンな生地で、編み方に変化をつけたタートルネックニットのセットアップ。

上下合わせて冬らしいブラウンを思いっきり楽しめる着こなしです。

ハイネック&タートルネックにカーディガンを重ねてより暖かく

空気を含む暖かなニットを重ねれば、冬でもポカポカで今年らしい装いが完成します。

アンサンブル以外のニット同士をレイヤードするときは、色や編み方が異なるアイテムを組み合わせるとうまくいきます。

中に着るニットとして使いやすいのは、無地の白いハイネックやタートルネックです。

顔の近くに白を持ってくることで、明るく清潔感のあるコーディネートに仕上がりますよ。

重ね着用に薄手のハイネックやタートルネックを用意しておくと重宝します。

編地とカラーでコントラストをつけてオシャレ見え

titivate(ティティベイト)

titivate(ティティベイト)

ラフに羽織ると雰囲気が出るビッグサイズのカーディガンは、白のハイネックを着込んできれいめ仕上げに。

お出かけにもぴったりなきれいめのカジュアルスタイルです。

トップスとボトムスを同色で繋げてスタイルアップ

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

白で統一したタートルネックとパンツで、縦のラインを強調した清潔感のある装いに。

ジャケット見えするグレーのカーディガンを羽織れば、気合を入れたい仕事の日にも最適です。

大人っぽく今年流に着こなしたい「ハイネック&タートルネックニット」♡

首のまわりを温めて、冬らしいおしゃれが楽しめるハイネックやタートルネックニット。

今回ご紹介した5種類の装い方のうち、あなたが試してみたいと感じたのはどのコーデでしたか?

スタイリングのヒントを活用するには、お出かけで40代らしくリッチに、ちょっとそこまでのカジュアルを自分らしくなど、シーンと見せたいイメージで選択してみるとうまくいきます。

冬ならではのハイネック&タートルネックを存分に楽しんでくださいね♪

ふわっと可愛く、親しみやすい40代に♡「ゆったりニット」の着こなし術

ふわっと可愛く、親しみやすい40代に♡「ゆったりニット」の着こなし術

程よいゆとりのあるニットは、体型の難を隠して素敵に見せてくれるアイテムです。

ニットを主役にした秋冬ファッションで、大人が気負わずに試せる着こなしのポイントをおすすめします。

ちょっとしたテクニックやアイテムの選び方で、あなたのコーディネートがキラリと光り輝くはず☆

主にニットとボトムスの2アイテムで作るスタイルは、忙しいけどおしゃれに見せたいときにも大活躍です。

女性の華奢さを強調する「ゆったりニット」を活用して♪

ゆったりニットの魅力として真っ先に注目したいのは、大人のボディを女らしく華奢に見せてくれるところです。

無造作に着るだけでも、ニットのボリューム感との対比で出ている部分が細く見えて、今年らしいバランスのコーディネートが完成します。

適度に体のラインを拾ってフェミニンに見えるところもポイントです。

ゆるい「前だけイン」でお腹を隠しながらニュアンスをプラス

トップスの裾をボトムスに軽く入れる「前だけイン」は、誰でもできる着こなし術として広く取り入れられています。

ゆったりとしたニットで前だけインすれば、気になるポッコリお腹を隠しながら、こなれた雰囲気に仕上げることができますよ。

また、シンプルコーデでも差のつく着こなしが叶います。

ゆったりニットを前だけインしてお腹もお尻もカバー

Pierrot(ピエロ)

Pierrot(ピエロ)

深いグリーンのあぜ編みニットは、カーブをつけるように裾をスカートに入れて、こなれ感のある着こなしに。

ニットの厚みを上から押さえることでお腹を隠し、軽く下ろしたバックでヒップまでカバー。

Vネックと裾のインでXラインの美人コーデに

Pierrot(ピエロ)

Pierrot(ピエロ)

ラインを活かした着こなしは、デートなどのとっておきコーデに最適♪

X字を作るようにニットの見え方を整え、ウエストの中央からスカートのフレアを広げるイメージに。

裾をそのまま下ろしても素敵に決まります☆

アレンジをしないで着れば、リラックス感のあるシンプルなコーディネートに仕上がります。

この着方をする場合に使いやすい着丈は、合わせるボトムスのタイプによって違ってきます。

オールマイティに使える着丈は標準丈で、ハイウエストのボトムスを着るならショート丈もOKです。

スリムなボトムスを合わせるなら、チュニックのように長めのゆったりニットも素敵に見えます。

ヒップにかかる丈でタックスカートを攻略

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

タックでボリュームを持たせたスカートは、後ろから見たときのヒップが気になりがちです。

そんなときにはニットのゆったり感で隠して、膨らみをなかったことにしてしまうのがおすすめです☆

ノーマル丈ニットでワイドスリーブをバランスよく

Pierrot(ピエロ)

Pierrot(ピエロ)

折り返したワイド袖が今っぽいリブニットは、ノーマルな丈を選んで袖を際立たせるのが正解です。

どこにボリュームをつけるかを計算すると、洗練された大人のコーディネートに仕上がります。

ボトムスをハイウエストにすれば脚が長く見えます

ここ数年、ボトムスウエスト位置はハイウエストが主流です。

ビッグサイズのニットと合わせるときにニットの裾をボトムスに入れると、ボリュームいっぱいの脚長シルエットに仕上がります。

裾の幅が広めのフレアスカートやワイドパンツなら、効果を最大限に活かしたバランスのいい着こなしに。

たっぷりフレアのチェック柄スカートで脚長に

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

マキシ丈のフレアスカートでチェック柄を前面に出した旬コーデに。

ゆったりニットはタックインしてコンパクトにまとめます。

スーパーロングなフレアパンツでロマンティックに

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

ヒールシューズを履いて素敵に着こなしたい、長めのフレアパンツを使ったコーディネート。

ニットの裾を入れると、いっそう脚が長く見えます。

ショート丈はウエストの対比で着やせスタイルが実現します♪

今シーズンのショップで新鮮さを放っているのがショート丈のゆったりニットです。

このタイプの大きな特徴は、ニットの断面とウエストとのギャップによって、強力な着やせ効果を発揮するということ。

脚もスラッと長く見えるため、コーディネートのバリエーションに取り入れる人が続出しています。

アラフォー世代がショート丈ニットを選ぶときは、お腹や下着がチラ見えしないように、標準より少し短いくらいの丈にとどめておきましょう。

膨張が気になる淡色もショート丈なら細く見えます

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

着ぶくれしがちな白やベージュを、ショート丈ニット×ハイウエストボトムスで腰位置の高いベストバランスに仕上げています。

ライトカラーのワントーンも難なくクリア☆

シャギーの風合いを生かすならノーマル丈を

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

素材の質感で遊ぶときは、標準丈のニットでシンプル着こなすのがおすすめです。

アクセントを一つに絞って効果的な着こなしに。

タートルネックでシーズンムードをグッと高めて☆

秋冬ファッションの黄金比を目指すなら、タートルネックタイプのゆったりニットがおすすめです。

タートルネックは襟元が詰まりすぎない形にして、小顔に見えるバランスを狙いましょう。

ストールやマフラーがなくても暖かくて、冬のお出かけやイベントにもぴったりです。

白のケーブルニット×チェック柄で可愛い大人に

Pierrot(ピエロ)

Pierrot(ピエロ)

程よくゆったりした白ニットの可愛らしさは絶大で、秋冬コーデのフェミニン度をグッと上げてくれます。

チェック柄スカートはAラインフレアを選び、欲しいところにだけボリュームを出す大人のシルエットを目指して。

あぜ編みオフタートル×タイトで縦長シルエット

Pierrot(ピエロ)

Pierrot(ピエロ)

ゆとりを持たせたIラインのタイトスカートは、着やせするボトムスの代表選手です。

編み方やネックデザインにこだわったニットで、全体を縦長のシルエットにまとめています。

誰でもできる「ゆったりニット」の着こなし術で、大人の可愛さアップ♡

着やせや脚長など、大人が求める要素を盛り込んだ「ゆったりニット」の着こなし術♪

コツをつかんでコーディネートに生かせば、ゆったりでもルーズに見えることなく、ちょっとだけ隙のある着こなしに仕上がります。

まずはお手本を参考にして、セオリーにそったスタイルをマスターし、徐々に自分らしさのある着こなしに発展させてみてくださいね。

40代の細見え&美シルエットが叶う♡今年らしい「リブニット」の種類と着こなし方

40代の細見え&美シルエットが叶う♡今年らしい「リブニット」の種類と着こなし方

冬の代表的なアイテムであるニットの中でも特に人気があるのが、伸縮性を持たせた縦うねによって、着心地のよさと細見えが叶うリブニットです。

みなさんもクローゼットに一着はリブニット素材のアイテムを持っているのではないでしょうか?

体型をきれいにカバーしながら楽に着られるので、おしゃれを熟知した大人の女性からも強い支持を受けているこのリブニットですが、今年らしいラインナップと着こなし方を押さえておけば、毎日のコーディネートがもっと輝くはずです。

リブニット事情の最前線をさっそくチェックしてみましょう☆

コンパクトなリブニットは着回しの万能選手

冬の着やせアイテムとして色違いでそろえる人も多いのが、適度なフィット感のあるリブニットのトップスです。

特にニットの上からボトムスやワンピースを重ねると、すっきりスタイリッシュに仕上がって素敵に見えます。

ハイウエストのボトムスで理想のバランスに

ur's(ユアーズ)

ur's(ユアーズ)

細すぎないリブ編みで洗練された印象のリブタートル。

共布のベルトがついたスカートに裾を入れ切って、腰の位置を高く見せる着こなしに。

コンパクトなリブニットはキャミワンピースとも好相性

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

肩ひもが細いキャミソールワンピの中に着たのは、襟元がすっきり見えるボートネックのリブニット。

ロング丈のフレアスカートで下半身がゆったりする分、上半身は面積を小さくまとめるのがポイントです。

ゆったりラフに着るリブニットで女らしさを演出

コンパクトなリブニットに対して正反対の魅力を放つのが、ゆったりとしたサイズ感のリブニットアイテムです。

リブの縦線がビッグサイズニットのラフさを払拭するため、きれいめのルックスに仕上がる点がポイントです。

ニットの裾を出して着るときに最適なのがこのタイプのリブニットです。

プリーツとの相乗効果で全身をスリムに見せて

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

リブニットとプリーツスカート、ともに縦のラインを強調する細見えする代表的なアイテムです。

ゆるさのあるニットを選べば、レオパード柄×ヒール靴でもかしこまり過ぎずにヌケ感たっぷり。

体が泳ぐゆるめのリブニットで華奢さをアピール

ur's(ユアーズ)

ur's(ユアーズ)

ドロップショルダーのビッグニットに浮かぶ骨格がフェミニンな着こなし。

上下ともにワイドでも、ニットがリブ編みならスッキリとした印象に仕上がります。

細見えアイテムと言えば、やっぱりリブニットのカーディガン

ボタンを閉めて一枚で着たり好みのインナーに羽織ったりと、さまざまな着方ができるリブニットカーディガン。

ロング丈のリブカーディガンをガウン感覚でサラリと羽織れば、サイドとバックを隠しながら、全身をすっきりとしたIラインに仕上げることができます。

裾をインしてすっきり着るリブニットのカーディガン

ur's(ユアーズ)

ur's(ユアーズ)

大人の着こなしにすっかり定着したのが、Vネックのリブカーディガンを一枚できるスタイルです。

顔を小さく見せるV字に加えて、フロントにならんだボタンが更なる細見えを実現します。

ベルトでウエストマークすれば、よりすっきり見せることができます。

ロング丈なら羽織るだけでコーデ全体が細見えします

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

リブ編みのロングカーディガンを軽く羽織ると、サイドとバックを包み込んで体型の悩みが気になりません。

トレンドの細いデニムパンツも、セット使いできれいに履きこなせるようになります。

高級感があってラインを拾いにくいミラノリブの優秀ボトムス

目の詰まった生地により、着心地はいいのに体のラインをカバーできるミラノリブ。

しっかりとした素材は適度な重さがあるため、ボトムスに求められるきれいなラインをキープする効果も期待できます。

直線的なシルエットのアイテムも多く、スウェットに近い着やすさできれいに装えるおすすめの素材です。

ミラノリブの適度な重みですらっと脚長シルエットに

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

表面がフラットに見えるミラノリブのワイドパンツは、下半身の線を拾いすぎず美しく見えます。

ヒールのついたパンプスを合わせればより美脚に仕上がり、カジュアルなアウターを大人っぽく着こなせます。

きれいなIラインを作って動きやすいミラノリブスカート

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

理想の下半身はスカートのシルエットで作られます。

ヒップラインを出しにくいミラノリブのスカートでシャープな体型をメイクできます。

きちんとした印象に仕上がるので、通勤用のボトムスとしても重宝します。

細見えしておしゃれに決まるリブニットのワンピース

伸縮性のあるリブニットで作られたワンピースは、女性らしいシルエットで優しい雰囲気に仕上がるアイテムです。

シンプルなデザインのワンピースを選んで、小物やアウターで自分らしく表情をつけて着るのが今年の気分。

この冬はシルエットや襟のデザインも幅広く取りそろえられているので、お気に入りの一枚を手に入れるのにぴったりです。

太さの異なるリブで効果的に美シルエットを構築

ur's(ユアーズ)

ur's(ユアーズ)

トップス部分はコンパクトな細リブ、スカート部分は太めのリブでフレアをきれいに見せるワンピース。

ハイウエストの切り替えで、アラフォー世代が抱えるぽっこりお腹の問題も解決してくれます。

ポインテッドシューズの色味を合わせたワンカラーコーデに、アクセサリー代わりのチェーンバッグを添えてよそ行き顔に。

こなれ感抜群、ボトルネックのリブニットワンピース

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

適度な厚みのあるリブニットワンピースは、タイツを合わせて上品に見せたり、レギンスのレイヤードで今風にと、冬のこなれ見えスタイルに大活躍。

ボリューム感のあるチェック柄ストールがあれば、着こなしにアクセントがついてよりトレンドライクに仕上がります。

この冬40代が買うべきベストな「リブニット」を知って、おしゃれ度アップ☆

リブニットを着るメリットは、独自の縦うねでストレッチ性があって動きやすく、縦のラインを強調してスリムに見えるということです。

この嬉しい効果を最大限に取り入れるには、あらかじめアイテムごとの見え方をチェックしたうえで、リブニットのよさが活きるものを選ぶことが大切です。

冬いっぱいおしゃれにまとえる一着を見つけて、大人っぽいコーディネートを楽しんでくださいね♪

お尻まで隠れて今年らしい「長め丈ニット」が40代に効く☆旬バランスで着る10コーデ

お尻まで隠れて今年らしい「長め丈ニット」が40代に効く☆旬バランスで着る10コーデ

ヒップより丈の長いゆったりとしたニットは、今シーズンのトレンドの一つでラインナップも豊富なアイテムです。

この時期に冷えが気になるお腹やお尻を包んで暖かく、トレンドライクなシルエットに仕上がるところも大きな魅力です。

ベーシックな着丈のニットに比べると、バランスの取りかたにちょっとしたコツが必要ですが、コーデの成功例をお手本にすれば簡単にスタイリングすることができます。

今季ショップに並んでいる旬の長め丈ニットから、40代のボディを隠してきれいに見せるアイテムを集めて、おしゃれに見えるコーディネートをご紹介します。

タートルネックで首をカバーして暖かい冬スタイルに♡

寒い日のお出かけや外で過ごす時間が長いときは、襟元までしっかり保温できるタートルネックのデザインを選ぶのがおすすめです。

マフラーやストールがなくても暖かいので、少ないアイテムでシンプルにまとめたいときにも最適です。

太リブ&ケーブル、柄の切り替えでメリハリコーデに

ur's(ユアーズ)

ur's(ユアーズ)

タートルネックと背面が太うねのリブ、フロントがケーブル編みになったニットは、膨張しがちなライトベージュにアクセントをつけて引き締めてくれます。

チョコレート色のパンツを合わせて、冬らしいワントーンスタイルに仕上げて。

パッと目を引くきれいなラベンダー色に包まれて

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

ゆるめのタートルネックニットで全身をおおえば、華やかなカラーをたっぷり使った存在感のある装いも簡単です。

冷たい北風から襟元を守ってくれるので、夜のお出かけやアウトドアイベントにもぴったりです。

ビッグサイズをゆるっと着てリラクシングに

今年の冬はゆったりとした着こなしが人気で、体型を隠しながら今風のシルエットが完成すると評判です。

ただしこの「ゆったり×ゆったり」を成功させるには、鮮度が高くて洗練されたデザインを選ぶことが重要です。

選び方や組合せによってはラフに見えてしまうこともあるので、スタイルアップできる一枚を厳選して、今っぽくコーディネートしましょう。

快適なゆったりコーデをキャメルで大人っぽく

ur's(ユアーズ)

ur's(ユアーズ)

お尻がすっぽり隠れるチュニック丈のニットは、黒と合わせてシックに決まる濃いめのキャメルをチョイス。

流行のレオパード柄をパンプスで投入して、大人に似合う上品なトレンドスタイルに。

ざっくり編んだビッグサイズのニットで華奢さをアピール

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

ちらっと鎖骨が見えるVネック、肩を落として着るドロップショルダーで、ゆるくて女らしいニットの装いに。

人気のパイソン柄をボトムスに取り入れた着こなしは、高級感や華やかさがあってコーデの格上げにぴったりです。

すっきり見えるのはスリット入りデザイン

今年のトレンドニットは、長めの丈に加えて、裾にスリットが入ったデザインのニットも目立ちます。

このスリットからボトムスがのぞくことで脚がグッと長く見えて、なおかつおしゃれ度の高いバランスコーデが実現します。

裾のタックインもできて、自分流にアレンジしやすいというメリットもあるデザインです。

ななめスリットでモードな辛口スタイルに

ur's(ユアーズ)

ur's(ユアーズ)

難しいテクなしでセンスよく決まるのが、アシンメトリーにスリットが入った長め丈ニットです。

ワイドボトムスに重ねてもバランスが取りやすく、シックな色でまとめても存在感のあるコーディネートが簡単に楽しめます。

前後差のあるスリット入りは着るだけで今風

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

レギンスや細身のパンツをボトムスに持ってくるなら、前後の丈に差のあるスリット入りニットがおすすめです。

動いたときにさり気なく表情がついて、着こなしに奥行きが生まれるところもGOODです。

タックイン&ウエストマークで脚を長く見せて

長め丈ニットをセンスよく着るテクニックとして有効なのは、裾をボトムスに入れ込むタックインと、服の上からベルトなどをつけるウエストマークです。

どちらも簡単に腰の位置を高く見せることができるので、日常のおしゃれテクとして定着していますよね。

この冬は長め丈ニットにこの小技を効かせてスタイルアップを図りましょう。

ゆったり×ゆったりはニットの裾を入れてバランスよく

ur's(ユアーズ)

ur's(ユアーズ)

バランスが取りづらい太めのパンツは、長め丈のニットをタックインすることで、脚長のこなれたルックスに見せることができます。

トーンの違うカーキでまとめると、都会的で今年らしさのある着こなしに仕上がります。

ベルトのひと巻きで理想のシルエットを叶えて

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

縁の下の力持ちだったベルトをニットの上に加えると、ベルトより下が脚に見えるスラリ体型に変身できます。

ボトムスの組み合わせに注目して魅力アップ

トップスを素敵に見せるには、合わせるボトムスとのバランスに気をつかうことが大切です。

40代が失敗なくおしゃれに着こなすなら、ロング丈のプリーツスカートとワイドパンツの組み合わせに注目です。

どちらも体型をカバーしてきれいに見せる効果が高く、きちんと見えて仕事やお出かけにも活躍しますよ。

プリーツスカートで細見えするエレガントコーデに

ur's(ユアーズ)

ur's(ユアーズ)

プリーツの広がりを長めのニットが抑えて、程よく揺れる上品なシルエットが完成。

ニットの丈感とプリーツの縦ラインで細く見えるところもポイントです。

カバー力のある長めニット×ワイドパンツは通勤に

Re:EDIT(リエディ)

Re:EDIT(リエディ)

体型カバーができるロング丈ニットとワイドパンツは、パンツと同色のポインテッドシューズで整えて、オフィスに似合うきれいめのコーディネートに。

決め手は「長め丈ニット」☆美シルエットの40代らしいコーデにシフトしませんか?

洋服はたくさんあるのに、今の自分に合うシーズンコーデが決まらない…。

そんな気持ちになったとき、一枚の長め丈ニットがあなたのスタイリングを救ってくれます。

気合を入れなくても、ゆるっと着るだけで素敵に仕上がり、暖かさも叶えてくれる長め丈ニット。

まずは気になるコーディネートを参考にして、着こなしのバランスを落とし込み、組み合わせに変化をつけながらバリエーションを広げてみてくださいね。

ワードローブに一枚加えるだけで、手持ちのボトムスや小物まで今年っぽく見えてきますよ。

「カシミヤニット」に身を包む贅沢な40代スタイル♡リッチに暖かく♪

「カシミヤニット」に身を包む贅沢な40代スタイル♡リッチに暖かく♪

お気に入りのフレグランスをまとうように、身も心も豊かさに包まれるカシミヤのニットたち。

肌触りや着ごこちのよさに加えて保温性も高いカシミヤは、大人の冬にふさわしい上質さを体感することができます。

クリスマスシーズンやお正月の装いにもぴったりの華やかなニットから、美しく体型をカバーできるニット、デイリースタイルで極上の質感が味わえるカーディガンまで、アラフォー世代が満足できるカシミヤニットをご紹介します♡

あなたの心をときめかせるカシミヤニットを探してくださいね♪

大人が冬に輝ける【シーズンカラー】のカシミヤニット

フェミニンな魅力を高めてくれるレッド、華やかさと合わせやすさを兼ね備えたライトグレー、クリアな発色のグリーンなど、季節を感じるカラーのカシミヤニットを集めました。

季節のトレンドカラーとリンクしたコーディネートは、カシミヤの持つポテンシャルを引き出してくれそうです。

クリスマスムードあふれるピュアレッドのカシミヤ

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

パッと明るく印象的なスタイルになれる真っ赤なカシミヤのニット。

赤いラインを含んだチェック柄のパンツを合わせれば、お互いのよさを引き出す着映えコーデが完成します。

雪の妖精みたいなライトグレー×ペールブルーの着こなし

STYLEDELI(スタイルデリ)

STYLEDELI(スタイルデリ)

透け感のあるチュールを重ねた美しいブルーのスカートに合うのは、粉雪の繊細さを表現したライトグレーのカシミヤニットです。

シンプルなVネックニットですが、カシミヤの上質さでパーティーにもマッチする装いに仕上がります。

ひと目で上質と分かる発色のいいグリーンのカシミヤニット

STYLEDELI(スタイルデリ)

STYLEDELI(スタイルデリ)

透明感のあるグリーンが鮮度を高めるクルーネックのカシミヤニット。

光を反射するホワイトをボトムスに持ってくることで、カシミヤが持つ発色のよさが引き立ちます。

カシミヤならではの【落ち感・ドレープ】でシルエット美人に

柔らかなカシミヤにレーヨンを混紡したニットは落ち感がきれいに出るため、フレアやドレープを生かしたデザインに向いています。

フィットさせる部分とふんわり隠す部分を意識して、立体感のあるフォルムに仕上がる一枚を選ぶとすてきに仕上がります。

体型カバーも思いのまま。きれいなドレープのAラインニット

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

バストからヒップにかけての美しさが際立ち、女性らしいシルエットを描くカシミヤニット。

気になるパーツをうまくカバーしてくれて、冬のおしゃれに自信が持てるようになる一枚です。

デザイン性の高いリボンつきニットでドラマティカルに

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

上半身から腰にかけてしなやかに添い、長めのサイドリボンでバランスのいいアシンメトリースタイルに。

定番色のバリエーションを広げたいときは、このようなデザインニットでカシミヤを投入するのがおすすめです。

今から春まで活躍する【ソフトカラー】のカシミヤニット

早くも春の新作が登場しつつあるこの時期に、しっかりと暖かさをキープして、ひと足お先にスプリングカラーを楽しめる淡い色のカシミヤ。

フェミニンな魅力を放つパステルカラーや、冬の装いに明るさをもたらすホワイト系のカラーで、春までたっぷりとリュクスなカシミヤの肌触りを堪能できます。

ローズペタルの香りに包まれる優しいピンク

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

バラの花びらを思わせる淡いピンクのカシミヤニットは、寒い冬を通り越して暖かい季節の到来を予感させます。

クリームベージュのパンツやストールを重ねて、ヌーディーな色合いでまとめたいニットです。

ワッフル編みで表情をつけたアイボリーのカシミヤ

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

カシミヤの上質感を生かしたニットスタイルには、ワッフル編みで奥行きをつけたコンパクトなハイネックニットがお似合いです。

鮮やかな赤いプリーツスカートを合わせれば、クリスマスや忘年会にぴったりの華やかなスタイルになります。

立体感のある編地はシルエットを拾いにくいところがGOOD。

上質さをデイリーに取り込めるカシミヤの【カーディガン】

手持ちの洋服に重ねて様々なスタイルを楽しめるのがカシミヤのカーディガンです。

フロントを閉めて一枚でまとえば、ボタンが縦のラインを強調してすっきりとした着こなしが叶います。

リッチなカシミヤをもっと身近に感じたい人や、シーズン中に多くのコーディネートに活用したい人におすすめしたいアイテムです。

ラグジュアリーなしなやかさが伝わる黒のカーディガン

STYLEDELI(スタイルデリ)

STYLEDELI(スタイルデリ)

クオリティーの高さが感じられる黒のカーディガンは、シンプルな白のタンクトップに重ねて、その柔らかさを肌で感じたい気分。

軽やかな重ね着でも高級感があって暖かいのは上質なカシミヤならではの特権です。

耳元に大きめのフープピアスをプラスして華やかさをアップさせれば、デートやパーティーなどにも着て行けます。

カジュアルを格上げする華やかピンクのカシミヤカーデ

STYLEDELI(スタイルデリ)

STYLEDELI(スタイルデリ)

ヴィヴィッドなピンクのカシミヤカーディガンで、デニムパンツをきれいめに仕上げたヴィンテージ風の着こなし。

上下のコントラストが強い分、小物は白やライトグレーで控えめにまとめています。

カシミヤをアクセントとして取り入れたい人におすすめの一枚です。

シーンを問わずに使える大人のグレージュ

STYLEDELI(スタイルデリ)

STYLEDELI(スタイルデリ)

グレーより肌なじみがいいグレージュのカシミヤカーディガンは、モノトーンコーデのつなぎ役としても使えて、今シーズンの着こなしに幅広く活躍してくれます。

シンプルでパンツにもスカートにも合わせやすく、一枚持っていると重宝すること間違いなしのアイテムです。

「カシミヤニット」だけが叶える、しなやかさ・艶・暖かさ・軽やかさを手に入れて♡

毎年多くのブランドが冬になるとラインナップに加えるカシミヤニット。

ニットの素材はたくさん存在するのに、なぜこんなにカシミヤだけが人気を継続しているのでしょうか?

それは、カシミヤという素材が持つさまざまな要素が優れていて、身に着ける人の心を深く満足させてくれるからなのです。

このところはホームクリーニングができるアイテムも増えて、高級素材のカシミヤがより身近になりました。

冬のファッションに喜びをもたらしてくれる一枚を見つけて、至福のニットスタイルを楽しんでくださいね。

Vネックリブカーディガンをきれいめに使いこなす10スタイル☆

すでに持っている人も多い定番アイテムの「Vネックリブカーディガン」は、V字の襟元が顔周りをすっきり見せることで小顔効果があり、リブ編みの縦うねによってスリムに見えるという着映えするアイテムです☆

今シーズンは、このVネックリブカーディガンがとても注目されていて、ただ羽織りものとして着るだけではなく、フロントのボタンを閉めて着るスタイルが流行っています。

「どんな風に着るの?」「合わせるボトムスのデザインやカラーは?」

そんな声におこたえして、人気ショップの売れ筋アイテムを使ったおすすめの着こなしをご紹介します♡

大人の魅力を引き出すダークパープルのVネックカーディガン♡

細身シルエットのリブカーディガンは、ボタンを閉めて着るだけでバランスよく決まるアイテム。

赤味を抑えた深いパープルなら、ネイビーのような感覚で大人っぽく着こなすことができます。

袖を少し上げて七分袖風に着れば、よりコンパクトでフェミニンな印象に♡

ボトムスは太すぎないワイドパンツで、きれいめコーデにするのがベスト☆

ひねりを効かせたリブのショート丈カーディガンでスラリ美脚コーデ☆

トップスのカーディガンは、バイアスに入ったリブがアクセントになった一着。

着丈が短めなので脚が長く見えて、コーディネートがバランスよく決まります☆

テーパードデザインのデニムパンツにすることで、より一層スラリとしたルックスに仕上がります。

足元にはヒールの高いパンプスを合わせて、美脚スタイルに磨きをかけて♪

ボタンを閉めてウエストインすれば、こなれ見えスタイルに♪

おしゃれ上手さんの間でじわじわ広がっているのが、Vネックのリブカーディガンをカットソーのように使うテクニック。

閉じたフロントのボタンがさり気ないアクセントになり、さらにVネックと合わさって着やせするY字を描くのがポイント。

ハイウエストのタイトスカートに裾をインすれば、脚長効果もバツグンです☆

ウエストベルトを効かせたセットアップでワンピース風コーデ♪

縦うねによって細見えするリブニットは、セットアップで全身に取り入れてスタイリッシュに決めて。

トップスはVネックのカーディガンタイプで、アクセントになるベルト風デザイン。

ボトムスのミディ丈タイトスカートに合わせて、ワンピース見えする洗練された着こなしに仕上げて。

パープルのバッグを差し色としてプラス☆

アイボリーのカーディガンでピンクの花柄スカートを引き立てて♡

顔を明るく見せるアイボリーのリブカーディガンは、大判の花柄がインパクト大なスカートを引き立てて、洗練された印象に仕上げるのにぴったりのアイテム☆

Vネックとリブの縦線の効果によって、コーディネート全体をすっきりとまとめてくれるので、主張の強い服がバランスよく仕上がります。

バッグや靴も明るい色でイメージを揃えて☆

ファーアイテムの重ね付けも受け止めるVネックのリブカーディガン☆

暖かくてトレンドライクなファーを複数のアイテムで取り入れた着こなしは、小物に重きを置いたぶん、トップスとボトムスはシンプルにするのが成功の秘訣☆

グレーのリブニット素材を使ったセットアップなら、色や素材を問わずにマッチして着回しも利くので、基本アイテムとして力を発揮してくれます。

カーディガン型でボタンをアクセントに。

グレーのリブカーディガンでこなれ感のあるデニムスタイルに☆

コンパクトなサイズ感のリブカーディガンは、洗いざらしのデニムパンツに合わせたフェミニンな着こなしにぴったりのアイテム♪

誰にでも似合う明るめのグレーは、一枚持っていると年間を通して着回しが利くので、コーディネートの幅がグッと広がります。

ダークなワイン色のバッグとパンプスを合わせてさり気なくフェミニンに♡

冬の学校行事にもおすすめのジャケット感覚で着る黒のリブカーディガン♪

こう寒い日が続くと、子供の学校行事のコーディネートも暖かさ重視になりがち。

そんなお悩みの40代ママにおすすめしたいのが、厚手のニットカーディガンをジャケットのように着る方法です。

リブ素材なら縦うねの効果ですっきりと見えるので、ニットのほっこり感を抑えて、きちんとした雰囲気のある着こなしが完成します♡

肉厚ニットでも着ぶくれしないリブ素材の黒いセットアップ♪

難しいテクニックや小物使いを工夫しなくても、着るだけで今どきの着こなしが完成するセットアップ♪

リブニットのカーディガン&タイトスカートの組み合わせなら、コートなどを重ねてボリュームが増す冬のコーデがすっきりして、スタイリッシュなルックスを叶えることができます。

ヒールのあるショートブーツでバランスよく仕上げて☆

クリスマスやお正月にも合う赤カーディガンの差し色コーデ♡

家族や親戚と集まる年末年始のイベントには、トレンドのレッドを取り入れた好感度の高いコーディネートがおすすめです♡

フロントにボタンのついたカーディガンなら、開け閉めして温度調整できるので、長時間の集まりも快適に過ごすことができます♪

トップス&ボトムスの色をミックスしたチェックのストールで暖かさアップ☆

メリットいっぱいの「Vネックリブカーディガン」で美人見えコーデも思いのまま♡

あらためて見直すと、Vネックのリブカーディガンには、大人の着こなしを成功させる魅力がいっぱいです☆

Vネックのニットと比較した場合、ただのVネックにとどまらず、カーディガンのフロントボタンの相乗効果でY字のラインを描いて着やせ効果が倍増します。

また一つのアイテムでカーディガンとしてだけではなく、ボタンを閉めてプルオーバーのように着ることもできるので、一枚持っているとスタイリングの幅が一気に広がり、おしゃれするのが楽しくなります。

ぜひお気に入りのカラーを押さえて、トレンドのプルオーバー風の着こなしにチャレンジしてみてくださいね♪

安くて便利な40代アラフォー女性むけプチプラファッション通販サイト

プチプラブランド ランキングとまとめ

2019/3/15

40代女性に人気のファッションブランド&通販サイト一覧

アラフォー・40代女性がコーデに悩むことなくもっとオシャレを楽しめる!様々なファッションスタイルがあるけれど、シンプル・ベーシックに着こなしたい女性からゆったりナチュラルで大人可愛いファッションを楽しみたいという40代の女性へ。40代、大人の女性が利用する人気のレディースファッション通販サイトをまとめました。コーディネートのチェックに利用するのもおすすめですし、リーズナブル

no image

コーディネート

2019/10/29

安いのに質の良い着こなしができる40代プチプラファッション・コーディネート

プチプラ服はどうしても安っぽく見えるし、40代の女性には使いにくい… 一昔前とは違い、リーズナブルなお洋服でも高見えするスタイルができるんです。 あまりに激安すぎるお洋服はさておき、手が届くお手頃価格 ...

no image

コーディネート

2019/10/25

ほんのり甘い40代・アラフォー女性の大人フェミニンファッション・コーディネート術

上品でお嬢様のような高見えするスタイリングの代表的な大人フェミニンコーディネート。 40代・アラフォー女性が甘めのアイテムを着こなす場合、大人らしく落ち着いた印象を残しつつ、ほんのり甘さを取り入れるの ...

プチプラブランド

2019/10/26

安くて便利な40代アラフォー女性むけプチプラファッション通販サイト

お洋服は、安くてもそれなりの品質があれば、比較的長く使える!最近は、プチプラ服を使ったきれいめコーデをSNS等で投稿する40代女性が増えています。安い服って質が悪いイメージがあるかも知れませんが、最近の激安通販サイトは品質も良く、参考になるコーディネートもたくさん掲載されているため、かなり重宝されています。ノーブランドの激安服でもブランド服にそん色ないものまで出てきています

最旬ファッショントレンド記事

2019/10/25

40代・アラフォー女性の悩み別・ぽっちゃり体型のカバーコーデ術

40代になってから、何となく体型が変わってしまい、今まで来ていた服が似合わなくなった。 そんな悩み、すごく多いです。 年齢だけではなく、産後の体調の変化によるもの、以前よりも体重が増えてしまったのが原 ...

no image

コーディネート

2019/10/25

低身長・小柄で悩む40代・アラフォー女性のための背が小さい人のためのコーディネート術

背が小さいことが悩みの低身長な40代女性や、華奢で小柄な女性は何かとファッションに関して悩みどころが多いですよね。 ファッション雑誌のモデルのように、大人らしくパリッとオシャレを楽しみたい! そう思っ ...

-秋冬ファッション
-,

Copyright© Stylewish , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.